毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

授乳室の素敵な応援メッセージ

 我が家の子供たちは母乳で大きくなりました。

 

母乳育児へのこだわりは特になかったのですが、出産した病院が母乳推進派の病院。

 

 あまり疑問を持つことなく母乳育児となりました。

 

でも、産まれたその日から、母乳育児の壁にぶつかります。

 

まず、あげかたがわからない。

母乳がでない。

泣きじゃくり、体重も減り続ける息子。

母親失格じゃないかと入院中のベッドで泣きました。

 

今考えるとこれは「子育てあるある」ごく普通なことなのに、当時は自分だけと追い詰められていました。

 

そんな時、相談した友達がくれた言葉は

「授乳で悩まない母親なんていない!」

でした。

 

「ああ、私だけじゃないんだ」と すーっと心が軽くなったのを今でもはっきり覚えています。

 

そして日々が過ぎ、なんとか授乳はできるようになりましたが、今度の壁はとにかく寝てくれないこと。

 

多分、断乳するまで、3時間以上まとまって寝てくれたことがないくらい寝ませんでした。

 

毎晩夜中に1人起きて授乳するのは、孤独を感じるもの。心も疲れはて、眠れないから体も疲れはて…。

 

そんな時に見つけたのは、授乳室にあったこんなメッセージ

 

f:id:tantan0aiai:20170414131301j:image

 

「こんな時間に

私だけがおっぱいあげてる?

そんなことはないですよ

世界のどこかでおなじように

おっぱいあげてるママがいます

広い海や森のあちこちで

おっぱいあげてます

いっぱい飲んで

大きくなぁ〜れ!

安心してね

ママは1人じゃないよ

お日さまのような

ママの笑顔は

家族のなによりの名誉です

そんな気持ちをこめて

DADWAY」

 

涙がでるほど素敵な応援メッセージでした。

 

それからは、夜中起きるたびに、世界中の同志?を思い浮かべて勇気をもらっていました。

 

この言葉が今、おっぱいをあげながら頑張っているママ達の心を支えてくれますように。

そう願ってます。

 

 

DADWAY

 

(DADWAYさん、本当にありがとう!)