毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

三菱みなとみらい技術館

先日の雨の日曜日。

 

お花見もできなかったので、ずっと行って見たいなと思っていた三菱みなとみらい技術館に行きました。

三菱みなとみらい技術館

 

こちらの技術館は三菱重工の技術をベースに最先端の技術に触れられる場所。

 

テーマは宇宙から海洋、交通まで幅広く、大人でもかなり楽しめます。

 

 こちらは、入ってすぐに置かれた宇宙服の模型。

 

かつては宇宙飛行士を夢見た?こともある私がテンションMAX!

 

 f:id:tantan0aiai:20170411225313j:image

 

写真を撮り忘れましたが、技術館の入り口に大きなロケットの模型もあり、宇宙兄弟たちにはたまりません。 

 

お次は、半世紀ぶりの国産飛行機といって盛り上がっているMRJ

 

Mitsubishi Aircraft Corporation

 

f:id:tantan0aiai:20170411225323j:image

 

飛行機のコックピットや客席の模型があります。操縦体験ができますが、かなりの行列。


我が家は待てない子供たちなので、今回は諦めました。

 

コックピットは順番待ちですが、客席には座れるので、搭乗体験はできます。

 

さてさて、親の私が一番盛り上がった深海探査船「しんかい6500」の模型

 

有人潜水調査船「しんかい6500」

 

最後のフロンティアと呼ばれる深海を調査する潜水調査船。

 

f:id:tantan0aiai:20170413082538j:image

 

大人3人がやっと入れる狭いスペースしかない船で、8時間かけて深海を行き来し、調査をするそうです。

 

真っ暗な海の底の不思議な世界を想像するとワクワクします。

 

人間が生きられない海の底。

 

深海生物たちはどうやって生きるしくみを手に入れたか、なぜ深海で生きているのか、疑問はいっぱい。

 

図鑑で調べてみたくなりました。

 

深海生物大事典

深海生物大事典

 

 

身近なところでは、路面電車の運転体験ができるコーナーもありました。

 (こちらも大行列で、今回は断念)

 

と色々展示があった訳ですが、結局、4歳の息子は、巨大ブロックで遊べるコーナーで遊び続けていました。。

 

4歳の息子には、まだ少し早く、むしろ親が楽しむ感じになってしまったのが、正直なところではあります。

 

とはいえ、入館料も小学生未満は無料だし、大人も500円(年間パスポートも1000円)で、かなりリーズナブルに楽しめます。

 

人気で結構混んでいるので、開館直後などを狙うとゆっくりみられそうです。

 

ちなみに家族で一番盛り上がったのは、館内のお土産コーナーに置いてあった化石のガチャガチャ。

 

なんと300円で、本物の化石が手に入る!

 

恐竜の歯の化石も入っているということで、ワクワクしながら、コインを入れるも、直角貝という地味なものがあたりました。。。

 

残念でしたが、太古の昔の恐竜を手に入れられるかもという夢をちょっとでも持てたのでよかったです。

 

というわけで、色んな意味で楽しめる場所です。雨の日のお出かけに迷ったら、行ってみてくださいね。