読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がSpecial!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

病気の経過を記録しよう

小児科にかかると、よく次回くる時はこれを持ってきてねと「熱計表」というのを渡されます。いつ、何度の熱が出たかを記録する表です。

 

f:id:tantan0aiai:20170114154029p:image

 

http://hayakawakodomo.jp/wp-content/uploads/2012/07/fever_measure_table.pdf

 

子供は熱を出しやすいもの。この熱計表が正確な診断の助けになるようです。

 

しかし、これ、病気の子供を前にして、紙を出してペンで書くなんて余裕がなく、きちんと記録出来ないでいました。

 

そこで、我が家がとった方法は、熱を測ったり、薬を飲ませたり、吐いたりと何かあった時は、夫婦がお互いにメールするという方法。

 

メールならすぐできるし、履歴が残るので、時間も正確。

 

1人で診ている時は、子供の様子の連絡がわりになります。共働きの場合は、働いている時に子供の様子がわかると、明日の仕事の調整とか、事前準備ができますよね。

 

受診する際はこれをまとめて記録しておきます。私が子供を病院に連れていけないとき、おばあちゃんに代わりにいってもらいましたが、このまとめた記録を持っていったら、よく様子がわかってよいと褒められたそうです。

 

アプリも色々あるようですが、手軽で簡単。お試しあれ。